【道北 稚内ドライブ】美しすぎるエサヌカ線と宗谷丘陵をご紹介

f:id:inamasa22:20210321114200p:plain

 

前回のオロロンラインとサロベツに続いて、

翌日道北の東側をドライブしてきました。

 

サロベツ・オロロンラインはこちら>

inatabi.hatenablog.com

 

道北の東側はいよいよガイドマップには全く載っておらず、

北海道好きにしかあまり知られていないエリアですが、

日本で一番感動する美しすぎる道があるんです!(個人的に)

 

今回は、メジャーな観光地、日本最北端の宗谷岬を通りつつ、

その「美しすぎる道」含む道北の東側のドライブ旅について、ご紹介します!

 

↓クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

 

1.【日本最北端 宗谷岬】カーナビの指示通りにいってはもったいない!

前夜の宿泊地である稚内を出発し、まず向かうは道北観光の定番「宗谷岬」です。

日本最北端の地として人気のスポットですね。

 

ほとんどの人が稚内から行くことになると思いますが、

普通にナビをいれるとこういう道を提示されます。

宗谷岬 稚内 ドライブ

 

路線バスや観光バスもこの道を通ります。

まあバスで行く方はしょうがないですが、それ以外の場合、この道で行くのは、

超もったいない!!!!!!!!!!!!

 

もう一度いいます。

 

超もったいない!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

宗谷岬よりも美しく感動する景色宗谷岬の近くにあるんです。

それは宗谷丘陵、そして白い貝殻の道です。

 

稚内から宗谷岬にいくのなら、白い貝殻の道を通って宗谷丘陵を抜けて宗谷岬にいく、

これがベストの道のりです。

 

さて、白い貝殻の道はまず入るところが難しいのですが、

宗谷郵便局を目指していくと看板がでてきます。

細い道なのですが進んでいくと、、、

 

こんな白い道が現れます!!

宗谷岬 宗谷丘陵 白い貝殻の道

 

この白さは、ホタテの貝殻が砕かれたものです。

宗谷岬 宗谷丘陵 白い貝殻の道

 

この道は結構マイナーでまだあまり知られていない穴場スポットなんですが、

とにかく白い道と緑の草原、そして青い空と海が最高にきれいです。

宗谷岬 宗谷丘陵 白い貝殻の道

宗谷岬 宗谷丘陵 白い貝殻の道

 

このどこまでも続いていそうな広大さと美しさに心を奪われます。

 

ふと横に目をやると、、

宗谷岬 宗谷丘陵 白い貝殻の道

宗谷岬 宗谷丘陵 白い貝殻の道

 

キツネ発見!!かわいい~

 

そして白い貝殻の道を登っていくと、いよいよ宗谷丘陵です!

宗谷丘陵の魅力はこの風車群

宗谷岬 宗谷丘陵 白い貝殻の道

宗谷岬 宗谷丘陵 白い貝殻の道

 

とんでもない数が立ってます。

ここ以外でこんな数の風車、見たことないです、、、

 

静かで鮮やかな緑の丘陵地帯に、風車のまわる音だけが響きます。

かっこいいですねー!

 

風車に囲まれた丘の道を進んで、日本最北端「宗谷岬」に到着です。

宗谷岬 宗谷丘陵 白い貝殻の道

 

宗谷岬が4回目の自分としてはもはや感動はなく、

白い貝殻の道と宗谷丘陵のゴール地点という感想しかないです笑

 

そのくらい通ったほうがいい最高のドライブコースです!!

 

2.【エサヌカ線】ホタテ日本一の町にある日本一美しい道

さあ宗谷岬を後にしたら、いよいよ今回の旅のメインディッシュです。

ここに来るために土日で弾丸道北旅行にきました。

 

わたしが思う日本一美しい道へ向かいます。

 

その道があるのが猿払村です。

 

猿払村といっても聞いたことない人が多いと思いますが、

猿払村はとっても特徴的な町です。

 

これ何のランキングだと思いますか?

1位 東京都港区

2位 東京都千代田区

3位 東京都渋谷区

4位 北海道猿払村

5位 兵庫県芦屋市

 

正解は、住民の平均年収ランキングです

*1

 

北海道の道北の村の平均年収が全国4位なんです!

 

これはなぜかというと、猿払村はホタテの水揚げ量が日本一で、

ホタテ漁師の年収は3,000万といわれています!!

 

そもそもの住民の数も少ないので、ホタテ漁師によって平均年収がぐぐっと上がっているということですね。

 

そんなホタテがいっぱい獲れて、お金持ちがたくさん住む村に、

日本一美しい道もあるなんて、こんな特徴的な村ありません。

 

その道に行く前に、朝食がまだなので、猿払のホタテを食べましょう!

猿払にきてホタテを食べないのは失礼です笑

 

やってきたのは道の駅さるふつ公園です。

猿払 道の駅 エサヌカ線 ホタテ

 

この中でホタテ丼をいただきます!

猿払 道の駅 エサヌカ線 ホタテ

 

ホタテがきれいに光ってる、、、

食べる前からわかってたけど、とろっと甘くておいしい~~

 

猿払 道の駅 エサヌカ線 ホタテ

 

そして猿払は酪農も盛んなので猿払牛乳もいただきます!

こちらも濃厚でおいしい!

 

ちなみにここにはホタテカレーや焼きホタテも食べられるので、

おススメです~!

 

お腹も膨らんだところで向かうは、日本一美しい道「エサヌカ線」です!!!

↓のまっすぐな道のことをそう呼びます。

猿払 ドライブ エサヌカ線

 

何も知らずここに来ると普通に国道を走ってしまうので、注意が必要です!

(わたしも過去2回通り過ぎてしまい、3回目の正直です、、)

 

もうこれ以上は語りません。感動感動&感動

 

エサヌカ線の美しさを写真で感じてください。

猿払 ドライブ エサヌカ線

猿払 ドライブ エサヌカ線

猿払 ドライブ エサヌカ線

 

これが約16㎞続きます。

 

以上!

あとは実際にいって思わず声があがってしまうこの絶景を目に焼き付けてください!!

 

3.【クッチャロ湖】浜頓別で渡り鳥を観察

 

続いてオホーツク海沿いをそのまま走って浜頓別に向かいます。

浜頓別といったら渡り鳥が集うクッチャロ湖です。

クッチャロ湖 道北 ドライブ

クッチャロ湖 道北 ドライブ

 

クッチャロ湖は春と秋にたくさんの渡り鳥が中継地点としてここにきます。

なのでバードウオッチングの場所としてよく知られている場所です。

 

湖畔にキレイなキャンプ場もあって泊まってみたい!

 

 

そしてお手軽にバードウォッチングができる施設もあります。

中には、渡り鳥の解説や望遠鏡が設置してあります。

クッチャロ湖 バードウォッチング

クッチャロ湖 バードウォッチング

 

まさに10月、渡り鳥のシーズンにいったので、色んな鳥が大量に見えました!!

 

そして浜頓別のもう1つのオススメが道の駅にあるパン屋さんです!

こんがり堂というお店ですが、ここのメロンパンがおいしい

 

ふわふわもちもちで、バターの香りもふんわりして顔がほころぶメロンパン!

tabelog.com

 

パンの種類もたくさんあるので、おやつにぜひ~!

 

4.【中頓別鍾乳洞】日本最北の鍾乳洞を探検!

浜頓別から内陸にはいっていきます!

中頓別町へ向かいます。

 

目指すは中頓別の名物スポット、中頓別鍾乳洞

 

中頓別 鍾乳洞

 

結構なマイナースポット感ありますが、鍾乳洞好きなのでいってきました!

入場料も無料です。

 

この入口の施設から10分弱歩いて入口までいくのですが、

クマ出没注意とのことで熊鈴を借りていきますー

 

入口に到着!

でもここで問題が、、、

 

今回一人旅で、今この場には他の観光客もいない、、、

この暗い洞窟に入るのにひよってしまいました笑

 

なので引き返し笑

 

評判はすごいいいので、みなさんはぜひいってみてください!!

 

5.【音威子府そば】香りの強い絶品名物そば

 

鍾乳洞を諦めて、旅の締めとして楽しみにしていた場所に向かいます!

それは、音威子府そば!

 

道北の内陸にある音威子府村は北海道で最も面積が小さく、一番人口が少ない自治体です。

 

そんな小さな村ですが、音威子府の名産のそばがもう本当に絶品なんです!

 

村の中心地で、そばを食べられるお店がいくつかあるんですが、

道の駅のお店は昼過ぎになると売り切れたり、日本一有名な駅そば「常盤そば」はたまにしか開かなかったりするので、

よく調べてからいくことをオススメします!!!

 

今回はこちらのお店にいきました!一路食堂です。

音威子府そば 道北 ドライブ

 

注文したのはかき揚げそばに生卵トッピングです!

音威子府そば 道北 ドライブ



この写真じゃちょっとわかりづらいですが、

音威子府そばの大きな特徴はこちら。

 

黒い!!!!!!!

音威子府そば 道北 ドライブ

 

そして香りとコシがめちゃくちゃ強い!!!

噛むたびに口の中にぶわっとそばのいい香りが広がります。

 

これは、お世辞抜きで人生一のそばです。

まじでおいしい。

 

tabelog.com

 

お腹もふくらんだところで稚内空港の飛行機の時間がギリギリなので、

急いで運転して稚内までいき、帰路につきました。

 

 

さてさて、今回は道北の東側を紹介しましたが、

やっぱり道北は日本で一番美しい景色があるエリアです。

 

今回はいってませんが利尻礼文もありますし、3,4泊する価値あります。

 

それではまた!

 

↓いきたいとおもったらクリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

<北海道の記事はたくさんあるので、ぜひこちらも!>

inatabi.hatenablog.com

*1:※2018年

プライバシーポリシー